TWS総合研究所 標的型メール訓練サービス

効果的にメール攻撃に対するスタッフの認識レベルを把握できます!

[標的型メール攻撃とは?]

悪意のあるメールを送信し、そのメール本文のリンクをクリックすることで重要な情報を入力させたり、添付に仕掛けたウィルスを感染させて機密情報を奪おうとする攻撃です。
送信されてくるメールには、攻撃を成功させるために様々な工夫が施されており、”攻撃”とわからないのが現状です。

[標的型メール攻撃のパターン例]

標的型メール攻撃のパターン例

[標的型メール訓練を実施するメリット及び必要性]

標的型メールに対するスタッフの認識レベルを把握出来ることにより、対策の必要性や優先順位を明確にすることが出来ます。
[標的型メールに対する対策の例]
①サイバーセキュリティ対策システムの導入
②スタッフに対する認識向上プログラムの強化

[当社の標的型メール訓練サービスの特長]

対象者向けにそれぞれのレベルに応じた疑似攻撃メールを送信することにより複数のパターンに沿って訓練することが可能です。
基本構想の策定(コンサルティング)から訓練の提供、分析、結果の報告まで、一貫したサービスを提供することが可能です。
お客様が事前に準備するものはございません。訓練用プラットフォームや偽装用Webコンテンツも当社で提供いたします。

[標的型メール訓練サービスのステップ]

フェーズ 実施内容
コンサルティング ■豊富な事例を紹介し、以下を提案します。

  • 訓練対象者
  • 実施期間
  • 実施回数
  • 実施タイミング
  • 訓練用メールコンテンツ
  • 訓練用ファイルコンテンツ
  • 訓練用着弾コンテンツ
設計 ■上記のコンサルティング結果に基づき以下を設計します。

  • 偽装用メールコンテンツ
  • 偽装用添付ファイル
  • 偽装用Webコンテンツごとの着弾ページ
  • (偽装用Webドメインの取得)
  • (送信用リストの準備)
実行 ■設計フェーズで設計した標的型メールを送付します。

  • 送信対象(全社一斉、特定階層、特定部門など)
  • 送信内容(判読難易度 低、中、高など)
  • 送信タイミング(平日の日中、夜間、休日)
分析・報告 ■以下の分析結果に基づき、報告いたします。

  • メールの開封率
  • 添付ファイルの開封率
  • リンク先(偽装Webコンテンツ)への着弾率
  • 偽装Webコンテンツの個人情報入力率

[標的型メール訓練お試しプラン]

「高度な訓練を行う前に、まずは現状把握から!」というお客様のために”お試しプラン”も用意してございます。
●訓練対象者数:特定の対象者(50人以下程度)
●訓練実施回数:2回/1名(難易度低と高など)

標的型メール訓練に関するご相談はこちら